入れ歯(義歯)|山口市中河原町で歯科をお探しの方は藤井歯科医院まで

入れ歯で健康と豊かな暮らしを

「1本歯がなくても大丈夫」と、歯が抜けたまま放置していると、隙間を埋めようと両隣の歯が少しずつ移動して、そのうちかみ合わせが悪くなってしまいます。かみ合わせが悪くなると、お食事がしづらくなるだけでなく、身体のバランスが悪くなって健康にも支障をきたします。
入れ歯は、噛む機能を補うだけでなく、かみ合わせを正しくして残っている歯を守るという役割も果たします。
当院では、さまざまな種類の入れ歯をご用意し、患者さんに合うものをご提案いたします。
現在お使いの入れ歯が合わなくなってきたという方も、お気軽にご相談ください。

注力しているポイント

山口市中河原町・藤井歯科医院
丁寧なカウンセリング

当院では、入れ歯の製作前に行うカウンセリングを大切にしています。
部分入れ歯か総入れ歯かのほか、食生活や見た目へのご要望などは、患者さんによって異なります。
まずはそれらをしっかりと把握することが、ご満足いただける入れ歯作りには必要不可欠です。
また、入れ歯を初めて作る方と、何度作っても満足できない方では、それぞれ配慮の必要なポイントが変わってきます。
患者さんのご希望に合った、装着感の良い入れ歯をご提供するために、些細なことでも結構ですので、どんなことでも遠慮なくお話しください。

山口市中河原町・藤井歯科医院
院内に技工所完備

一般的には、入れ歯などの義歯は、歯科医院で型取りしたものを、外部の歯科技工士に依頼して製作します。完成した義歯は、患者さんに実際に装着していただき、歯科医師が微調整を行いますが、これには精巧な技術が必要とされます。
そのため、当院では歯科技工士が院内に在籍し、その場ですぐに微調整を行えるようにしています。入れ歯をやり取りする手間が省けるため、患者さんをお待たせすることがなく、納得のいくまで調整を繰り返し行うことができます。
このように、歯科医師と技工士が一体となって、精度の高い入れ歯を製作します。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

山口市中河原町・藤井歯科医院

歯科治療には、「保険診療」と「自由診療」の2種類があります。
保険診療は、国民健康保険や社会保険等の公的な医療保険制度が適用される診療で、治療費が抑えられますが、基本的な機能回復のみとなるため、治療に使える素材や治療法に制限があります。
一方自由診療は、医療保険の対象外となる診療で、治療費は全額負担となりますが、治療方法や使用できる素材をさまざまな種類から選ぶことができ、耐久性や機能性のほか、見た目の美しさなどにこだわった、満足度の高い治療を受けることができます。
どちらの診療を選択するかは、患者さんご自身が選択できます。
入れ歯に関しては、保険診療の場合は使用できる素材が限られているため、見た目や使用感にご納得いただけない場合もあります。
自由診療でも、ご予算などに応じて製作可能ですので、お気軽にご相談ください。

メンテナンスについて

山口市中河原町・藤井歯科医院

当院では、製作した入れ歯を長く快適にお使いいただくために、定期的なメンテナンスをおすすめしています。
お口の中の歯ぐきや顎の骨は、時間が経つにつれて少しずつ変化していきます。また、入れ歯そのものも少しずつ劣化していき、部分入れ歯の金具がゆるんだり、入れ歯の人工歯が削れたり欠けることがあります。そのため、入れ歯を調整しないと装着感が悪くなり、痛みや食べにくさなどが生じてきます。
また、入れ歯や残っている歯に汚れや歯石がこびりつくこともあります。
定期的に歯科医院で入れ歯とお口の状態を確認してもらい、入れ歯の調整やクリーニングを受けて、いつまでも清潔で装着感の良い入れ歯を使い続けていきましょう。