コラム|山口市中河原町で歯科をお探しの方は藤井歯科医院まで

妊婦さんは要注意?歯周病による出産への悪影響

歯周病は、歯周組織の破壊にとどまらず、重症化することによって全身の病気を引き起こすことがあります。

例えば、心疾患や脳血管疾患、誤嚥性肺炎などは有名ですね。

いずれも歯周病菌などが血液を介して全身を循環することが原因となります。

そして、意外に知られていないのが妊婦さんへの悪影響です。

早産・低体重児出産の原因となる

妊婦さんの体には、妊娠前と比べるといろいろな点で変化が現れてきます。

激しいつわりに悩まされる方もいらっしゃれば、ホルモンバランスの乱れによって自律神経が崩れる方もいらっしゃいます。

そうした全身の健康管理が難しい状態の中で、歯茎の病気である歯周病にまで配慮するのは困難かもしれません。

けれども、歯周病というのは単なる歯茎の病気ではなく、重症化することによって早産や低体重児出産を招くことがあるので要注意です。

炎症性物質などが子宮に悪影響を及ぼす

歯周病が慢性化すると、歯周病菌や白血球の死骸などが血流に乗って全身へと流れていきます。

その中でも炎症性物質に関しては、子宮や胎盤に対する影響が大きく、早く出産するように促してしまうことがあるのです。

その結果生じるのが早産や低体重児出産ですね。

妊婦さんにとってこれらは絶対に避けたい事態かと思いますので、歯周病は妊娠前にしっかりと治しておきましょう。

もちろん、妊娠中であっても施術できる歯周病治療というのはありますので、今現在、歯周病の症状を自覚されている妊婦さんは、できるだけ早い時期に当院までお越しください。

まとめ

このように、歯周病は心臓や脳の病気だけではなく、出産に関わる異常も引き起こす怖い病気ですので、症状が軽いうちに治療するのが最善です。

当院では、歯周病の予防や治療にも力を入れておりますので、これから妊娠予定の方、あるいは今現在妊娠されている方は、一度ご相談ください。

出産後の口腔ケアも含めて、全力でサポートさせていただきます。