コラム|山口市中河原町で歯科をお探しの方は藤井歯科医院まで

歯周病はメンテナンスが何よりも大切?

歯周病というのは、完治させることが難しい病気です。

もちろん、歯周基本治療などを受けて、歯周病の症状を一時的に改善することはできますが、その後のオーラルケアなどが不十分だと、すぐにまた再発してしまいます。

そこで有用なのが歯科医院で受けるメンテナンスです。

メンテナンスってなに?

メンテナンスとは、簡単にいうと定期検診ですね。

定期的に歯科医院を受診していただいて、歯や歯茎に異常がないかを調べます。

歯周病に関しては「歯周組織検査」を実施することで、今現在患者さんの歯茎や歯槽骨がどのような状態にあるのかを大まかに把握することができるのです。

歯周ポケットの深さを測定

歯周組織検査では、歯と歯茎の間にある歯周ポケットの深さを測ります。

ポケットの深さが1~2mm程度であれば正常の範囲内なのでそのまま経過を見ていくことになりますが、4mmを超えるような深いポケットが形成されているような場合は、早期に治療を受ける必要が出てきます。

これは患者さんご自身では判断できない点ですよね。

ちなみに、ポケットをプローブと呼ばれる器具で測定した際、出血が認められる場合も歯周病を発症しているものと考えられます。

X線撮影で顎の骨の状態を調べる

歯周病が悪化すると、歯肉炎から歯周炎へと移行し、顎の骨が吸収されていきます。

そういった所見は口腔内診査では確認することができないため、必要に応じてX線撮影を行います。

その他、ブラッシング状態や生活習慣なども加味しながら、最適といえる予防プログラムを立案いたします。

まとめ

このように、歯科医院でメンテナンスを受けることによって、歯周病の早期発見・早期治療につなげることができます。

まだ症状が軽いうちであれば、クリーニングや歯石除去、ブラッシング指導などでも改善することができますので、是非とも当院の定期検診を受診してください。

皆さんのお口の健康を一生涯通じて管理させていただけたら幸いです。