コラム|山口市中河原町で歯科をお探しの方は藤井歯科医院まで

親知らずの抜歯は痛い?それとも痛くない?

これまで抜歯の経験がない方にとって「歯を抜く」ということは、とても怖いことのように思えますよね。

顎の骨にしっかりと埋まっている歯を引っこ抜くのですから、それなりの痛みも伴いそうなものです。

とくに親知らずの抜歯ともなると、歯の根っこが曲がっていたり、斜めに生えていたりするので、抜歯するのもそう簡単ではありません。

それだけに、抜歯に伴う痛みが気になりますよね。

親知らずの抜歯は痛くない

患者さんの中には誤解されている方も少なくないのですが、虫歯を削ったり、親知らずを抜歯したりする時には、原則的に局所麻酔を作用させます。

歯茎にチクッと刺すあの注射ですね。

それによって歯茎や歯の神経の感覚が麻痺しているので、処置中に痛みを感じることはまずありません。

麻酔が切れてからが痛い?

局所麻酔はあくまで処置をしている間だけ効果を発揮するものなので、治療後には歯茎の感覚の麻痺もなくなってきます。

すると、親知らずを抜いた部分に痛みを感じることがありますが、その際は処方された鎮痛薬を飲むことで痛みを緩和することが可能です。

また、施術を担当する歯科医師の技術が高ければ、麻酔が切れた後も痛くないケースも珍しくありません。

口腔外科医による痛くない抜歯処置

当院の院長は、歯科口腔外科でたくさんの抜歯症例を経験してきており、口腔がんの手術なども外科処置全般が得意ですので、難症例の抜歯もお任せください。

可能な限り痛みを少なく、なおかつ安全な抜歯処置を実施いたします。

まとめ

このように、親知らずの抜歯は抜いている最中に痛みを感じることはほとんどありませんのでご安心ください。

麻酔が切れたあとも、皆さんが心配されているような強い痛みはまず生じないでしょう。

ただ、ケースによっては処置後に顎が大きく腫れたり、強い痛みを伴ったりしますので、必要に応じて消炎剤や鎮痛薬などを服用しましょう。

我慢できないほどの症状が現れた場合は、すぐに歯科を受診してください。