コラム|山口市中河原町で歯科をお探しの方は藤井歯科医院まで

抜かなくても良い親知らずもある?

親知らずといえば、いつかは抜かなければならないもの、というイメージをお持ちの方が多いかと思います。

親知らずはお口の中でトラブルを引き起こしやすい歯なので、実際、抜歯となるケースは非常に多いです。

けれども、親知らずの中には抜かなくても良いものもあります。今回はそんな「抜かなくても良い親知らず」について詳しくご説明します。

正常に生えている親知らず

親知らずは、斜めや真横など、異常な生え方をしているものが多いです。

その結果、清掃性が悪くなり、むし歯や歯周病にかかりやすくなっているのです。

一方、真っすぐ正常に生えている親知らずであれば、周りに悪影響を及ぼすリスクも少なく、抜歯する必要性も低いといえます。

親知らずもかけがえのない天然歯のひとつですので、保存可能であれば保存するのが最善といえます。

支台歯や移植歯として活用できる

将来、ブリッジや入れ歯を装着するとなった時に、支台歯が1本あるかないかで治療の内容や予後も大きく変わってきます

そこで、支台歯として活用できる親知らずであれば、抜歯をせずに保存に努めるということがあります。

移植歯として活用する場合も同じです。

親知らずの診断はお任せください

当院の院長は、歯科口腔外科の臨床経験が長く、親知らずの診断、治療に関しても豊富な実績があります。

親知らずを抜かずに残すかどうかというのは、非常に専門的な知見が求められますので、当院であれば正確な診断を下すことができます。

また、難しい生え方をしている親知らずの抜歯にも対応しておりますので、他院で処置を断られた方なども当院にご相談いただければ、最善を尽くします。

まとめ

このように、親知らずには抜かなくても良いケースもありますので、まずは正確な診断を下してくれる歯科を受診しましょう。

当院であれば、できる限り保存に努め、将来的に支台歯や移植歯として活用できる道を模索していきます。

親知らずも大切な天然歯のひとつであるということを忘れないでください。