コラム|山口市中河原町で歯科をお探しの方は藤井歯科医院まで

合わない入れ歯を使い続けることのデメリット

今現在、入れ歯をお使いの方は、いろいろなお悩みを抱えていることかと思います。

例えば、話している時に入れ歯がズレたり、食事の際に入れ歯が外れたりするなど、入れ歯にはさまざまなトラブルがつきものだからです。

ただ、そうした入れ歯を使い続けていると、お口の中に異常が現れることがありますので注意が必要です。

今回はそんな「合わない入れ歯」を使い続けることのデメリットをご紹介します。

歯茎に異常が現れる

合わない入れ歯を使っていると、歯茎や口腔粘膜に対して不適切な刺激が加わり、「義歯性線維腫(ぎしせいせんいしゅ)」というポリープのような病変が現れることがあります。

また、前歯の部分には「 フラビーガム」という歯茎がブヨブヨに肥大する症状が認めらえることもあります。

これらはいずれも入れ歯の安定性を阻害するだけなく、お口の健康を害することとなりますので注意が必要です。

汚れがたまりやすくなる

お口のフィットしている入れ歯であれば、口腔粘膜との間に不要な隙間は存在せず、しっかりと固定されています。

一方、合わない入れ歯には食べ物などが溜まりやすい隙間が存在するなど、不衛生になりがちです。

その結果、「義歯性口内炎」を発症しやすくなるのです。

顎関節への過剰な負担

ものを噛む時に支点となっているのは「顎関節」ですよね。

合わない入れ歯を使ってものを噛んでいると、支点である顎関節に過剰な負担がかかるようになり、顎関節症を発症することがありますので注意しましょう。

まとめ

このように、合わない入れ歯を使い続けると、歯茎や顎関節にさまざまな異常が現れることがありますので、できるだけ早く調整なり新製することが大切です。

当院であれば、院内に技工士が在籍しており、患者さんのお口にぴったりとフィットする入れ歯を作ることが可能です。

そんなオーダーメイドの入れ歯治療をご希望であれば、ぜひ一度、当院までお越しください。

オーダーメイドの入れ歯治療についてさらに詳しくご説明いたします。